20050515.jpg



朝、実家から連絡がありました。
日付が15日になってからワンコがお星様になったと。
やはり、覚悟はしていたというもののショックは大きかったです。
私が小学生だったときに家に迷い込んできた子。
あれから20年、精一杯生きてきました。彼女はほんとにいろんなことを見てきたと思います。
そして私たち家族にいろんな、たくさんの思い出を残していってくれました。
父、母、弟、そして私。家族みんなの顔を見てお空に行きました。
離れて生活していても改めてその存在の大きさを思い知らされました。

たくさんの思い出を残してくれていったこと、たくさんのことを教えてくれたこと。彼女に『ありがとう』と言いたい。
そして、ゆっくり眠ってほしい。長い間お疲れ様…

それから介護をしてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。
「ありがとう。ゆっくりと体と心を休めてください。」

ホントにありがとう…
| ワンコ | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
昨日、実家から飼っている犬の調子が悪いと連絡があった。
急遽、様子を見に帰省することにした。
ワンコの顔を見たくてのことでした。
約半年前に見たときとは様子がまったく違っていて、起き上がることも出来ないくらいに弱ってしまっていて・・・
でも声をかけると、人がいるとなんとなくわかるのか、顔をあげようと一生懸命足もバタバタして動こうとします。
抱っこして抱えると大きなため息をついて首を上に向ける。
ちょっと苦しそうかな…
そんな彼女ももう20歳の立派なおばあちゃんワンコ。
目も白内障で真っ白。耳も遠くなっているし、歯だって抜けてしまってます。
私が来たことだって分かっていないのかもしれない。
わかってくれてたらいいななんて、そう思いながらもしばらく抱っこしていた。
数時間しかいられなかったけど、様子を見ることができました。
もっと居たいという気持ちはあったけど彼女を両親に託し電車に乗って帰りました。

| ワンコ | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

20041102.jpg

 


きのう11月1日は「イヌの日」だったんですね。
私の実家には犬がいます。もうおばあちゃんだけど。
そろそろ20年になるのかな・・・
大きい病気や怪我もしないで元気にしているようです。
でもやっぱり高齢のせいか足がおぼつかないようです。
季節の変わり目や雨が降っている日、暑かったりする日などはやっぱり心配になります。
でも世の中にはもっともっと長寿のワンコたちがいるみたいで
ネットでみつけたところ22歳とか25歳なんてご長寿犬もけっこういるものです。
実家の犬もその記録を塗り替えるような立派な長寿犬目指してほしいな
…って言うだけは簡単なんだけどいろいろと面倒見てくれているのは両親なんですよね。
感謝してます。ありがとう。



| ワンコ | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |